どうも!田中夫婦でございます!

先日、長崎県の松浦市と平戸市へ夫婦で旅行へ行ってきました!

松浦市も平戸市も海鮮が非常に有名な地で、お魚大好き田中夫婦はワクワクしながら向かいました。

宿泊先は平戸市のホテルでしたが、まずは松浦市でお目当ての食材を堪能する作戦。

その食材とは、、、そう「アジフライ」です!

皆様は知っていましたか?松浦市は鯵(アジ)の漁獲量がなんと日本一というまさに鯵の町なのです!!

何を隠そう、田中夫婦は福岡で五本の指に入るほどのアジフライ好き。

そんな私たちがまだ松浦市に行ってないということ自体が恥ずべき事実。

というわけで、平戸市に行く前に松浦市でアジフライを食べに行きました。

事前調査で松浦市は2018年から「アジフライの聖地」と銘打って、アジフライを超推しているのです。

アジフライマップなるものもあり、全国へ松浦市をPRしようという気合いがビンビンに伝わります。

なんという店の数の多さでしょう!

福岡から車で約1時間半ほどで松浦市に到着。ちょうど佐賀県伊万里市の隣に位置します。

さあて!!アジフライ食いまくるぞ!と、最低でも3軒ははしごする覚悟でいざ参戦!

が!到着後によくアジフライマップを見てみると、、、

ほとんどのお店が夕方オープン。。。

ちなみに松浦市は観光スポットがあまりなく、伴ってホテルや旅館もそんなに多くありません。

なのに夕方オープンがメインって、、、やる気あんのか?

そんな中でもいくつかのお店はお昼も空いていたので、一番気になったお店に行くと、、、、

お休み
(マップやネットでは営業中…)

仕方なく第二候補のお店に行くと、何とか無事に開いていました!

それがこちら、「海の里食堂」さん↓

なんてアジのある店構えでしょう!

もう見た目から香ばしい良い感じが出ていますね。

店内に入ると愛想の良いおばちゃんが出迎えてくれました。

メニューを見ると、

やっっっっす!!

どれも激安!当然ながらアジフライ定食(刺身付)を発注。

待ってる間に店内を見回すと、

アジフライ宣言…(笑)

Tシャツ欲しい

松浦市が「アジフライの聖地」化を狙っているのが強く伝わります。

んでアジフライ定食(刺身付)登場!

たったの¥850(税込)!!!

思った以上に超豪華!すげぇな松浦市!

いよいよ念願のアジフライを実食。感想は、、、まあ普通に美味しい。。

正直、もっとフワフワのサックサクを想像していましたが普通アジフライの食感。決して悪くはない。

それより刺身が美味かった!やっぱ新鮮さが違いますね。これでプラス200円は格安です。

ってことで、まあまあ満足できました。

顔がめっちゃボケちゃった(笑)

トータルとしてはかなり良コスパですので、松浦市にお立ち寄りの際は「海の里食堂」はアリだと思います!

ちなみに、お隣にお土産屋さんが併設してあるのでのぞいてみると楽しいかもです。
(私たちは小さなカニをカリカリに乾かしたおつまみを買いましたが、美味しくなかったです)

他に開いているお店があればもう1軒ぐらい行きたかったのですが、残念ながら平戸市への途中には営業しているお店が皆無(ほぼ夕方から)なことから、松浦市でのアジフライはこれにて終了。(早っ)

いやー、自治体は「アジフライの聖地」として売り出したいという気持ちが前面に出ていますが、現場(お店)にはその熱意は感じられませんでしたね。

自治体と現場(お店)のズレが垣間見れただけ、という残念な結果となりました。

その後、町を探索しましたが、

魚の加工場ばっかり・・・

観光スポットをロクに見つけられず、早々に平戸市へ移動しました。

というわけで松浦市編はこれにて終了。
(もっと書きたかったけどネタがまったく無いんだもん)

平戸市などに向かう途中に寄るにはオススメしますが、松浦市ピンポイントで訪れるのはどうかなーと思いました。

次回は平戸市編をお送りしますのでお楽しみに(^^)

ではでは。