田中
お世話になっております!
福岡市中央区のダイエット専門パーソナルジムTRYCEの田中です(^O^)
福岡市内でのダイエットやパーソナルトレーニングをお考えの方は、
ぜひともお気軽にこちらまでお問い合わせください!

【お客様からの質問集➃】
タレは何を使えばいいの

 
今年から花粉症デビューした田中です。鼻水たらしながら記事書いています。

さて、大人気コーナー(大嘘)の第4弾。

今回もたくさんのお客様からお受けする質問です。

ダイエット中の食事に使うタレについて、何で食べていいのかわからんとご意見をたくさんいただきます。

これ、よーーーく分かります。

私もデブ時代のダイエット難民の時、主菜(肉や魚などのメイン)や副菜(野菜などの一品)はどうやって食べればいいのか気になってネットで調べていたところ、

タレは糖質が高いので塩・コショウで食べましょう

などというインチキ情報がたくさん出てきました。

ダイエット難民だった私はこのインチキ情報を鵜呑みにし、ほとんどの料理を塩・コショウで食べていました。

ええ、それはそれは地獄でしたね。

塩・コショウ、飽きるんですよ。味気ないししょっぱいだけ。

たしかに糖質も脂質もないためヘルシーなんでしょうが、食事の楽しみをすべて奪われる気持ちでした。

特に焼肉ね。インチキ情報によれば、焼肉のたれは糖質が高いのでNG。
代わりに塩・コショウやレモン汁のみで食べなさい、とのこと。

塩・コショウで焼肉を好んで食べる人なんて通(ぶった人)ぐらいですよ。

てか、そもそもほとんどの焼肉屋さんはもとから肉をタレに漬け込んでますしね。

それすら気付かないダイエット難民田中は、頑張って焼肉もすべて塩・コショウ(たまにレモン汁)で食べていました。

結果痩せたかと言うと、そうでもなかったです。

大切なのは「何を食べるか」

その後たくさんダイエットの勉強や経験をして悟ったのは、

タレがどうこうよりも、食べているものの栄養価が重要

ということでした。

こんなこと当たり前なのですが、知識・経験不足でダイエット遭難中だと、タレなんていうどうでもいい小手先のことにフォーカスしてしまうんですね。

タレなんざがぶがぶ飲みゃしないんだから、多少糖質が高かろうと一切気にする必要なし。
好きな味付けで食べればいいんですよ。

私は大会前、体脂肪3%台まで減量する時もタレのカロリーはあまり気にしません。

ダイエットや減量は短期的なことではないため、目先のカロリーよりもその食事を継続できるかがポイントです。

食事は美味しくなければ続けられるわけがない。エサではないからです。

焼肉のタレだろうが麺つゆだろうがケチャップだろうがチリソースだろうがポン酢だろうが、好きなものを使えばいいのです。

ただし、脂質は要注意⚠

好きなものを使えばいいと言っても、マヨネーズやドレッシングなど脂質が高いものはダイエット中は避けるべきです。

糖質が多いタレ(調味料)のカロリーはたかが知れていますし、糖質が多いと言っても一食あたりで摂取する量もわずかなものです。

が、脂質となると別。特に食材と絡みやすい性質があるため、一食あたりの摂取量が多く、脂質自体がカロリーが非常に高いため、これらは危険極まりないです。
前回の質問集でマヨネーズの恐ろしさはお伝え済みです。

サラダのドレッシングも脂質が高いものがほとんど。
野菜は油を吸いやすいので、おのずとカロリーは跳ね上がりますね。

サラダにはノンオイルドレッシングやポン酢、または良質なオリーブオイルを少量使って自作することをオススメします。

おわりに

もう一度言いますが、大切なのはタレよりも食材です。
これがダイエットに向いていなければいくら塩・コショウで食べようが痩せません。

逆に、食材が優秀であればタレは何でもいいのです。(脂質は除きますからね!)

大切なのは継続できるかどうか。そのためには美味しいと感じることは必須です。

インスタのダイエットアカウントでよく見るエサのような食事はマネしないでくださいね。

ダイエット中でも食事は楽しまないとダメ。そのために色々な工夫を重ねていくことが上手なダイエットだと言えます。

夏はもうすぐ!ともに頑張りましょうね。