福岡で夫婦でパーソナルトレーナーとして活動している田中です(^^)

福岡でパーソナルトレーニングをお考えの方は、是非ともお気軽にご相談ください♫

さて、前回に引き続き、ダイエット中のお酒の飲み方について🍻

今回は、②酔うことで食欲が増してしまい食べ過ぎてしまう についてです

実はこれ、人によってはお酒を飲んで太ってしまう理由のNo.1だと思います。

と言うのも、お酒を飲んで食欲が増すかどうかは人によっては分かれます

周りの飲み仲間を思い返しても、飲みながらたくさん食べる人もいれば、つまみ程度であまり食べない人もいませんか?

食べない人は特段問題ありません。お酒と軽いおつまみだけでは太ることはまずありませんので。ただ、僕の周りを見てもそうですが、そういった人は少数派です。

多くの人はお酒とともに何でもたくさん食べてしまうと思います。これが問題で、こういう人は確実に太ります(^^;;

アルコールは胃酸の分泌を促したり、糖質や塩分を欲する効果がありますので、物理的にもお腹が空いてしまい、その上太りやすいものを食べたくなる人が多いのです
→酔っぱらうと締めのラーメンや甘いものが食べたくなるのもうなずけますね(汗)

こればっかりは生理現象みたいなものなので仕方ないです。だからと言って仕方ないで済ませてしまうと太る一方( ; ; )そういう方には以下の対処法をオススメします^ ^

具体的には、

①お酒を飲むときは糖質は摂らない
→(理由は次回に書く③肝臓がアルコールの分解に機能を奪われるため、代謝が落ちる(特に糖質)の対処法で説明します)

②飲む前に食事はある程度済ませておく
→酔っている状態は通常時よりも太りやすくなるうえ、無尽蔵に食べてしまいがちです。そのため、事前に消化に時間のかかるタンパク質を中心とした食事をしておくと空腹感を抑えることができます

③おつまみの質を選ぶ
→お酒と合わせるおつまみは、脂質や炭水化物が高いものだと太ります。揚げ物や麺類、ご飯ものなどですね。これらをやめて、枝豆や冷奴、刺身や焼き鳥などのタンパク質を中心にすれば太りにくくなります。サラダなども野菜類も良いですね^ ^ただし、ドレッシングは脂質なので別添えにするかポン酢などに変えてもらいましょう

④お酒と一緒に水を飲む
→水を一緒に飲むことで満腹感が得られます(^^)また、アルコールの分解には水分が大量に必要なので、一緒に水を飲むことは肝臓を助けるためにも効果的です♫

しかし、これらの対処法も効かない、恐ろしい状態になることがあります。それは、酔っ払いすぎて理性が飛んでしまった状態、です(´ཀ`

せっかく日頃食事を調整していても、酔っ払って気持ちが大きくなると、

ま、いっか\(^^)/

と、謎の納得をして太るものを食べてしまうことは少なくありませんよね?

かく言う僕もたま〜〜にですが、減量中なのに締めのラーメンなど…やらかします(-_-;)

この対策は非常に難しく、なにせ記憶が無いパターンが多いためコントロール不能であることがほとんど

朝起きたらテーブルの上にコンビニの弁当のカスやスイーツの残骸があった記憶はありませんか?(笑)

強いてこれらの対策をあげるならば、

①家で飲む時は、太りそうな食べ物をストックしておかない

②誰かと飲む時は、相手の方に太るものを食べよう(買おう)としたら、止めてもらうように伝え協力してもらう

③そこまで酔わないようにする

こんなところでしょうか(^^;;

なんといっても、③そこまで酔わないようにすることが最も大切だと思います

お酒は「人間関係の潤滑油」。人生を楽しむためのツールですので我慢する必要はありません

ですが、何事もほどほどが1番で、度を超えてしまうと必ず弊害が起こります

理想の身体を手に入れるため、お酒はほどほどにしておきましょうね(^^)←自分に向けた言葉でもある

ダイエット中のお酒の飲み方、次回に続きます☆